攻撃性の強い蜂には要注意|駆除は専門業者に依頼

安全に駆除するために

蜂

巣を作っているのがスズメバチ以外で、攻撃性がそこまで強くないものであれば、個人でも十分に退治することは可能です。目安としては大きさが10センチ未満の蜂です。まず退治する前に、身体を守るためのものを準備しましょう。防護服は購入すると数万円もかかりますので、市役所で借りることがおすすめです。また、頭部を守るために、厚手の帽子やバイクなどのヘルメットを被ります。最後に退治のために最も重要な殺虫剤です。大型の蜂ですと専用のものが一番です。広い範囲に噴出できるものを選ぶといいでしょう。

蜂は昼行性なので、夕方から夜にかけては活動しません。そのため、退治する時間帯は夜がおすすめです。ですがこのときに、懐中電灯を使用しないようにしましょう。光に近づく習性があるためです。また、臭いで蜂が刺激を受けることがあるので、香水や整髪料も落としておく必要があります。巣にそっと近づいたら、30秒程度殺虫剤を噴射し続けます。それが終わったら蜂が飛び回っていないかを確認し、巣をゴミ袋に入れて回収します。蜂が飛んでいる場合は、無理をせずに放置した方が無難です。後日、殺虫剤でふたたび噴射して回収しましょう。この他にも、自力で蜂を退治する方法はいくつかありますが、スズメバチや攻撃性の強いものを駆除する場合にはとくに注意が必要です。時には集団で襲ってくることもあるため、無理せずに行政に連絡し、蜂駆除の専門業者に依頼しましょう。

いろいろな方法と執着心

一軒家

鳩には特定の場所を気に入るとなかなかそこから離れようとしない執着心があります。針山、視覚的方法、テグスなどでは駆除できない場合は、非常に執着心を持っている場所です。そのような場合にはネットを張って物理的に侵入できないようにしましょう。

More...

鳥の被害を防ぐには

ハト

生物の中でも鳩はとても身近でよく見かける存在ですが、場合によってはその鳴き声や糞、家のベランダなどに住みつかれるといったことが問題となることもあり、そういった場合では、ハクビシンなどとともに鳩も駆除対象になっています。

More...

害獣の予防対策を考える

男の人

動物を可愛がる日本人は少なくありませんが、社会生活を侵害すれば害獣として扱われます。鳩はベランダに営巣して糞害等を齎すので、専用器具を使って適切に駆除する方が確実です。根本的に解決する際には、専門業者の利用が人気です。

More...